Zero Position

ミニマリストになりたい物欲モンスターがお送りする雑食系ブログ。ほんといろんなこと書きます。

トラベラーズノートになにもかも詰め込んで。

f:id:tomlogkun:20190309163045j:plain

 

 

トラベラーズノートって何ですか

それは、僕の中では最高の手帳であり、日々を共にする相棒。

きっと死ぬ時も持っているはずです。

 

そう、僕の中ではただの手帳ではありません。

もはや手帳ではありません。その域を超えています。

 

僕は今まで、毎年のように新しい手帳を買って、まっさらなカバーに包まれた紙に

スケジュールを書き込んでいました。

でも、何か満たされない感じがしていました。

 

そこで偶然出会ったのが「トラベラーズノート」。

 

 革好きの友達が誕生日にくれたのがきっかけで、

それ以来これをずっと使い続けています。(まだ数か月しか使っていませんが。)

 

でも間違いなく、何年も使い続けるだろうと確信しています。

 

この記事を読んで、

トラベラーズノートの魅力が多くの人に知ってもらえたらうれしいです。

 

 僕の相棒、トラベラーズノート

一番初めに出てきた写真が僕のトラベラーズノートです。

かっこいいですね。はい。

 見た目は意外と普通です。(逆に普通じゃないやつを知りたい。)

 

それに、数日前にオイルを塗りこんだばかりなのでとてもきれいです。

 

f:id:tomlogkun:20190309173710j:plain

 

錫(スズ)製のパーツでゴムひもを留めているだけという単純な構造です。

 

ぱっと見ではこのパーツが錫だとは分かりませんでした。

 

 

f:id:tomlogkun:20190309170352j:plain

 

トラベラーズノート全体を留めるゴム紐にチャームをつけています。

僕がつけているチャームは東京駅限定のチャームです。

 

チャームにもいろいろあるので、チャーム探しも楽しいです。

付け替えは少々めんどくさいですが、気分や節目、旅先に合わせて、いつもとは違うチャームを付けるのもありです。

 

チャームはその人の個性が出る部分だと思うので、ここでしっかりと主張してください。もちろんつけないという選択もあります。

 

 f:id:tomlogkun:20190309163511j:plain

 

写真を見るとひっかき傷のようなものがあります。

使っているうちに小傷だらけになります。

 

使うのはもちろん、バックパックの中に入れておくだけでも、

どんどん傷がついていきます。

でもオイルを塗りこむことできれいになっていきます。

 

f:id:tomlogkun:20190309173920j:plain

 

きれいな表面です。でもまだまだです。もっと育てたくなります。はい。

 

時間が経るとともに自分らしい革が育っていく。これが革の魅力です。

 

 傷がつく理由はトラベラーズノートの革が「クロムなめし」ではなく、

「タンニンなめし」で仕上げられているからです。

 クロム?タンニン????ってなった方、また記事書きますね。

 

いつまでも革のきれいな状態を保持しておきたいという方にはタンニンなめしの革製品は向いていません。クロムなめしの革製品を買うべきです。

 

でも僕はトラベラーズノートの革が大好きです。

 

なぜならば、エイジングが楽しめるから。

なぜならば、革が自分のケア、使い方次第で表情を大きく変えるから。

 

タンニンなめしで処理されたトラベラーズノートは傷がつきやすく、

ケアが欠かせません。たまにはケアしてあげてさらに素敵なトラベラーズノートにしてやってください。

 

ケアの仕方も記事にしたい!!また書きます。(笑)

 

トラベラーズノートはカスタマイズでさらに輝く

僕が初めて手に入れたときはカレンダーのリフィルと無地のリフィルの二種類だけしか挟んでいませんでした。シンプルでいいですけどね。

でも個性が皆無です。

 

なんか物足りない。そう感じた僕は二種類のリフィルを挟むことにしました。

 

クラフトファイルとクリアファイルのリフィル

これを挟むことで航空券のチケット、領収書、お札なんかも挟むことができます。最強です。僕はここにメモ帳を挟むことでいつでもメモできる状態にしています。

 

二つ目はクリアファイル。

これを挟むことで、ちょっとした紙切れを挟むのはもちろん、ジッパーがついているので鍵、小銭、筆記用具などを入れることができます。僕はクリアファイルの中に物差しを入れたり、LAMYの万年筆を入れたりしています。

 

f:id:tomlogkun:20190309163851j:plain

 

クラフトファイルは厚紙でしっかりとしています。使っていくうちにふにゃふにゃになっていくのも「エイジング」みたいなもんだと思って使っています(笑)。 

 

トラベラーズノートは紐で全体を留めることで、中身が出ないようにしています。

しかし、その紐でクリアファイルの一部が少し曲がってしまっています。

問題なく使えているので気にしません。

 

 

f:id:tomlogkun:20190309165321j:plain

 

クリアファイルのジッパーでない方はポケットになっています。

写真からは分かりにくいですが、表裏で二つのポケットがあります。

薄い紙のようなものであれば簡単に落ちることもなく、保管することができます。

 

写真や押し花を入れてみてもいいかもしれません。

自分らしいトラベラーズノートになります。

 

クラフトファイルのポケットの下の方に穴があります。

電車のチケットを入れるくらいしか使い方が思いつきません。

いい使い方を知っていたら教えてください。

 

次はスケジュールのリフィルについて見てみます。

僕はクリアファイルとクラフトファイルのリフィルの間に二つのリフィルを挟んでいます。

 

一つはスケジュールのリフィル。もう一つは無地のリフィルです。

詳しく見ていきます。

 

書きやすくわかりやすいスケジュールのリフィル

 

f:id:tomlogkun:20190309171341j:plain

 

僕が使っているスケジュールのリフィルのスタイルは「習慣バーチカルタイプ」です。

 

これは好みが分かれるところだと思いますので、自分に合ったスケジュール帳のスタイルを選んでください。

 

これは日にちや月、年が書かれていないので、自分で書き込みます。

自分で書くことのメリットは、リフィルをいつ買っても最初のページからスタートできることです。それに自分で書き込むのは楽しいです。

こんな感じで書き込みます ↓↓

 

f:id:tomlogkun:20190309172234j:plain

 

一冊のスケジュールのリフィルで半年使えます。

つまり一年間で二冊のスケジュールのリフィルを使うことになります。

 

ちなみにトラベラーズファクトリーが提供してくれる手帳タイプは三種類あります。

 

www.tfa-onlineshop.com

 

スケジュールのリフィルの最後には遊び心があふれたページがあります。

それがこれです。

 

f:id:tomlogkun:20190309174317j:plain

 

出国カード風のページです。旅への気持ちが高ぶります。

 

書きかけなので後から埋めようと思っています。

 

 

個性が爆発する無地のリフィル

 

f:id:tomlogkun:20190309172909j:plain

 

旅先で主に使うのはこの無地のリフィルです。

僕はよくスタンプを押します。空港や駅のスタンプを押して、後から見てニヤニヤしています。これがとっても楽しい。

 

スタンプを押すだけではありません。

スクラップ帳としても使います。

 

f:id:tomlogkun:20190309173204j:plain

 

写真では旅先でもらったレシートを貼り付けています。

こういうのはきれいに貼り付けようと思ったら続きません。

マスキングテープで雑に手でちぎって貼り付けるのが楽でいいです。

 

レシートに関してはタイ語で印字されてあるので、どの店でもらったレシートか思い出せません。

どなたかタイ語が分かるようでしたら教えてください。

 

他のページには航空券や入場券なんかも貼り付けています。

 

 

 

僕のトラベラーズノートについてお話しましたが、どうでしたか?

 

すでにトラベラーズノートを持っている方はカスタマイズの参考にしてください。

まだトラベラーズノートを持っていないのであればぜひ手に入れてください。

 

最近はスマホやパソコンでスケジュールを管理する方も多いでしょう。

しかし、僕はそのスタイルが合わなかったので、全て紙で管理しています。

 

スマホでスケジュール管理をしだすと、ただでさえペンを握って文字を書くことが無いのに、さらに書く機会がなくなります。

 

そこで、このトラベラーズノートのお供にしてあげたいのが「LAMY safari」です。

 

もう一度、「書く」という行為に喜びを感じることができ、あなたの所有欲を満たしてくれる「LAMY safari」はおすすめです。

 

 

スケジュールはスマホやパソコンで管理して、スタンプ帳やスクラップ帳としてだけ使うという方法もあります。他にも、家計簿として使ったり、日記を書いたり、絵を描いたり、、、、トラベラーズノートの可能性はあなたの使い方によって無限大になります。

 

僕のトラベラーズノートもこれで完成ではありません。

まだカスタマイズしようと考えています。それはまた記事にしますね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!!

 

f:id:tomlogkun:20190309175650j:plain