Zero Position

ミニマリストになりたい物欲モンスターがお送りする雑食系ブログ。ほんといろんなこと書きます。

目的を持った旅のすすめ。 ~タイから帰ってきて感じたことを書いてみる~

f:id:tomlogkun:20190319200252j:plain


 

 

 

こんにちは。たっちーです。

 

僕は中学二年生の夏休みに初めて海外旅行を経験しました。

そこから今に至るまで、5回の海外旅行を経験し、計4か国訪れました。

 

 

最近、初めて旅行代理店に頼らずに、全て自分でプランニングして、

ホテルも航空券も手配してタイを5日にわたって旅行しました。

初めての経験で不安もありましたが楽しかったです。

 

 

タイへの旅で何を感じた?

f:id:tomlogkun:20190319201450j:plain

 

 帰国してから、旅して何を感じて学んだか考えたところ、

このようになりました。↓↓↓

 

・タイ料理は自分の口には合わない。

・くそ暑かった。

英語が思っていたより通じない。

・荷物はもっと少なくすべき。これは必要で、これは不必要。

・自分の考えたプランのダメなところが見えた。

・やっぱ旅するの楽しい。

・自分で何でもできる!

                             

 

荷物については経験しないと分からないことなので、それは僕にとって大きな収穫でした。これのおかげでミニマム化が進んでいます。プランニングについても同様。

 

現地に行かないと感じることのできない景色があったり、日本では体験できないことを体験できたりと、旅らしさはありますね。英語についても、ネットの情報とは少し異なるところもありました。これらは行かないとわからないし、体験できません。

 

あとは旅を終えて、他人に頼らなくてもなんでもできると自信がついたことです。

 

ですが…他は日本にいてもそれなりに経験できる or わかることです。

旅を振り返ったときに内容、薄くね??となりまして、何を目的に今まで旅してきたんだろうと考えたくなりました。

 やはり目的は大事

 

f:id:tomlogkun:20190319201044j:plain

 

何をするにしても目的があった方が、道を見失わずに済みます。

しかし、今までの海外旅行は非日常を感じることにフォーカスをおいていたので、

特別、旅の目的を考えることはありませんでした。まぁ、非日常を感じるということが目的と言えばそうなんでしょうが。なんかぼやっとしてますよね。

 

今回も、自分の考えたプランで旅するということ以外、今までの海外旅行とはさほど

変わらないものでした。しかし今回は全て自分のやりたい放題できるようにプランニングしています。すると、「あれ?こんなはずじゃなかったのにな?」と理想と現実が食い違うこともあり、コスパの悪い旅をした気分になりました。

 

あとから考えてみると、旅の充実度合いを測る物差しが自分の中になかったんです。

ただ、現地を訪れ、なんか楽しく過ごし、帰国した。

おお、薄い。非日常を感じるだけなら5日もいらんだろ。って感じです。

 

では逆に目的をもってタイを訪れた場合はどうでしょう。

例えば、「タイ料理を30品食べつくす!!」

 

f:id:tomlogkun:20190319200640j:plain

 

何の目的も持たないで旅するよりも、自分が力を注ぐ対象がはっきりとしているので、

計画も立てやすいですし、数字が入ることによって、旅を振り返ったときに評価しやすいです。

 

目的をもつかもたないか

「目的」というのは大切で、何の目的もなく旅をするのは、それはもはや旅ではなく、放浪に値します。僕は目的の有無で旅自体の充実度が大きく変化すると思っています。

 

もちろん、何の目的も持たずに訪れて、そこでの偶然の出会いを楽しむというのもありだとは思いますが、目的を持つことの大切さを、何度も日本・海外を旅してみて気づいたので、まぁ書かせてください。

 

例えばこんな目的で

これから僕が海外を旅する上で目的にしたらいいんじゃないかと思いついたものを

ここに書いておきたいと思います。4つあります。

 

①日本との繋がり・現地の中での日本を探す旅

 

僕は日本が大好きです。

幸せなことに、日本は世界中の国々に愛されています。

日本を嫌う国はあまりありませんよね。

おそらく日本を感じないように旅をしても、どこかで「日本」に出会うでしょう。

僕も世界のいたるところで日本製の物や日本の食べ物、飲み物を目にしました。

すしバーでは現地風にすしがアレンジされている、というのはよく見ますね。

 

日本のものを目にする度に、日本人として誇らしくなります。

場合によってはなんちゃって日本みたいなものがあることもありますが。(笑)

 

現地の人と話していると、「日本最高だよね~。今度行くから。」とか

「日本人?こにちはー。ありがとー。」とか、日本愛されてるなーと感じることはよくあります。

 

そんな日本との繋がり・現地の中で変化した日本を探す旅というのは面白そうなので、ちょっとやってみたいです。

 

②歴史を感じる旅

 

正直に言うと、歴史が苦手です。世界史どころか日本史も危ういです。

 

でも、現地で五感で感じることで印象に残って学びに繋がりそうな気がしています。

浅はかな考えかもしれませんが、旅先で聴いていた音楽を家で聴くと、

旅先の景色がフラッシュバックすることもあるので、案外いいんじゃないかと。

 

建造物なんかも歴史を学ぶことでさらに楽しく見ることができます。

やっぱり歴史は知っておくべきですね。

 

適当な感じですが、まぁ思いつきなので。

とにかく歴史を楽しく学びたいです。

 

③食を探求する旅

 

旅先で楽しみにしていることの一つですよね、食べ物って。

 

もちろん、国によって、地域によって食べ物や料理は大きく異なります。

とにかくなにかしら食べまくることになりそうです。

 

今、昆虫食に興味があるので、虫がよく食べられている国に行くのもありですね。

(まずは昆虫パウダーから挑戦してみます。)

 

ビオフェルミンを大量に持っていくことになりそうです。

 

例えば、アメリカと言われて想像するのは大きなハンバーガーでしょう。

アメリカのある3地域を訪れましたが、ハンバーガーを頼めば、

どこに行ってもデカすぎるハンバーガーと大量のフレンチフライが出てきました。

 

食は面白くて、食から様々なことを垣間見ることができます。

 

僕は辛い物が苦手なので、辛い食べ物が多い国はダメですね。

食べ物が口に合わないところを訪れた場合は終了です。

 

これから克服しましょう。

 

④世界遺産を巡る旅

 

世界遺産と言えば日本はたしか22の遺産が登録されていますよね。

(間違っていたら恥ずかしいですが。。)

 

世界遺産はそれなりにきちんとした基準で決定・登録されているので、外れを引くことは無いでしょう。

 

僕は自然が大好きなので、自然遺産を中心に巡ることで、

さらに目的がはっきりして濃い旅になる予感がします。

 

文化遺産を中心に巡ることで歴史を感じられるのでそれもいいですね。

 

世界遺産はたくさんあるので、ネタ切れすることはありません。やってみたい。

 

 

 これで今回書きたいことは以上です。

この記事も読んでくださってありがとうございました!!備忘録的な感じでした。