Zero Position

ミニマリストになりたい物欲モンスターがお送りする雑食系ブログ。ほんといろんなこと書きます。

タイ プーケットにあるBanthai Beach Resort &Spaのレビュー

f:id:tomlogkun:20190319201840j:plain

 

どうも。たっちーです。最近、タイのプーケットに行ってきました。

そこで泊まったホテル「Banthai Beach Resort &Spa」について少しですが、レビューしてみたいと思います。

 

この記事があなたのホテル選びのお役に少しでも立てればいいなと思っています。

写真はソニーのアクションカムで動画として撮ったものをスクショして写真にしていることもあるので、微妙な写真を連発するかもしれませんが、お許しください。

 

 

 

ホテルの場所

 ではまずホテルの場所から。

 

場所はパトンビーチの目の前です。

ホテルで着替えてすぐに海に飛び込める…とまではいきませんが、

歩いて一瞬でビーチにアクセスすることができます。

 

ホテル自体はものすごくきれいです。正直、なんか場違いな気がするくらい

きれいでした。

 

入り口付近

おしゃれで、どこか南国さを感じました。

 

f:id:tomlogkun:20190316130604p:plain

 

 

入り口の向かって右側には荷物を預けることができるところがあります。

写真では右端にほんの少し写っています。

チェックイン前もチェックアウト後も荷物を預けられます。

ぜひ活用してください。無料です。

 

ロビー内

中に入ると、ちょっとした噴水がありました。

さらに進むとバーカウンターもあったので、夜も楽しめそうです。

 

f:id:tomlogkun:20190316130835p:plain

 

 

ソファもあります。のんびりくつろげます。

 

f:id:tomlogkun:20190316131246p:plain

 

チェックインカウンター 

 チェックインカウンターです。

スタッフには日本人男性の方がいらっしゃるので、何かあっても安心です。

とてもお話上手な方で、プーケットだけでなく、バンコクのことも教えてくださいました。

 

f:id:tomlogkun:20190316131138p:plain

 

 

 チェックインの手続きはこのような場所で行います。

英語で説明してくださいますが、英語が少々わからなくても、日本語のホテル案内の紙をもらえるので、それを参考にしてください。

 

f:id:tomlogkun:20190316131352j:plain

 

日本語案内 

これが日本語で書かれた案内です。よく日本人が来るのでしょう。

 

f:id:tomlogkun:20190316135127j:plain

 

f:id:tomlogkun:20190316135156j:plain

 

 

僕が泊まった部屋はチェックインカウンターがある棟とは別の棟で、

プールのそばを通ってアクセスしました。

部屋まではホテルのスタッフさんの案内があります。

 

プールと併設のバー

このホテルにはプールが二か所あって、どちらもバーが併設されています。

アルコール飲料はもちろん、ピザなどの軽食を頼むことができます。

僕はここでココナッツジュースを頼みました。たしか106バーツでした。

キンキンに冷えたものが出てきました。

ホテル外の屋台と比べると少し高いですが、僕は屋台の食べ物を食べる勇気がないので、まあこれくらいいいかなと。

 

パラソルがあるので、その下でのんびりできます。

利用するときは部屋にあるビーチ&プール用の青いタオルを持って行ってくださいね。後述するセーフティーボックスの上に置かれています。

パラソルの下で のんびりしていたらスタッフさんがおしぼりとポップコーン付きのメニューが入った箱を持ってきてくれます。

 

f:id:tomlogkun:20190316131759p:plain

 

 

部屋まで向かいます。もちろんエレベーターもついています。部屋は3階だったので

エレベーターを利用しました。すぐそばに階段もあります。

エレベーターのボタンが少し反応しづらく、何度も強く押して作動させましたが使用する分には問題ありません。

 

f:id:tomlogkun:20190316132339p:plain

 

オートロックのドア 

 部屋はカードキー式のオートロックです。カードキーをかざしてドアを開けます。

 

f:id:tomlogkun:20190316132418p:plain

 

 

振り返って、ドアの写真です。きちんと二重ロックできます。

 

f:id:tomlogkun:20190316132803j:plain

 

 

部屋内

部屋の中です。写真左にソファが写っています。

全室無料Wi-Fi付きで、サクサク動きました。

ランドリーサービスも有料ですがあります。

エアコンはきちんと作動していて、よく冷えました。寒いくらいです。

 

f:id:tomlogkun:20190316132516p:plain

 

 

ベッド前にテレビがあります。広告が映し出されていました。

 

f:id:tomlogkun:20190316133837j:plain

 

 ベランダ

ベランダには服を干せる台がありました。便利です。

写真では左下にちょこっと写っています。

椅子と机も置いてあるので、座ってのんびりできます。

灰皿が置いてあったので、喫煙は可能だと思います。

煙草を吸われる方は確認してみてください。

3階の部屋だったので、プールに直接アクセスできませんでしたが、1階の部屋は窓を開ければすぐにプールに飛び込めます。眺めはそこそこでした。

 

f:id:tomlogkun:20190316132626j:plain

 

 

クローゼット

 ドアのすぐそばに扉があって、その中に服を吊るせたり、しまえたりします。

全身鏡も付いています。傘も付いているので、雨期に訪れた方にはうれしいですね。

 

f:id:tomlogkun:20190316133117j:plain

 

f:id:tomlogkun:20190316133157j:plain

 

 

セーフティーボックスもありますが、僕は海外ではセーフティーボックスを信用していないので、基本的には使用しませんでした。

 

このセーフティーボックスの上にビーチ&プール用の青いタオルがあります

その下は棚になっているので、長期滞在する方は服をしまってもいいかもしれません。

 

f:id:tomlogkun:20190316133025j:plain



ふかふかスリッパ

スリッパも付いています。ホテルにありがちなペラペラのスリッパではなく、フカフカでした。履き心地、最高です。

 

f:id:tomlogkun:20190316133316j:plain

 

 

ドリンク類

冷蔵庫の中にはドリンクがあります。有料です。

 

f:id:tomlogkun:20190316133351j:plain

 

 

冷蔵庫の上には瓶入りの水やコーヒー、紅茶があります。無料です。

電気ケトルもあります。そのそばにコンセントもあります。

ベッドのそばにもペットボトルの水が置いてありますが、それは有料なので注意してください。

 

f:id:tomlogkun:20190316133410j:plain

 

 

洗面台

次に水回りの写真です。水回りはとてもきれいでした。

ここにアメニティーが置いてあります。

帰る直前に撮ったので散らかっています。

 

f:id:tomlogkun:20190316133536j:plain

 

トイレ 

ウォシュレットはついていません。そばにゴミ箱がありますので、

使用したトイレットペーパーはここに入れましょう。タイではこれが基本です。

※タイは日本のように水洗力が弱く、トイレットペーパーが詰まってしまう恐れがあるため、使用済みのトイレットペーパーはゴミ箱に入れるのが基本。ホテルによっては流しても大丈夫なホテルもあるらしい

 

f:id:tomlogkun:20190316133621j:plain



バスタブ

 バスタブです。海外のホテルで心配なお湯問題ですが、問題ありませんでした。

お湯、じゃんじゃん出ます。

 

f:id:tomlogkun:20190316133702j:plain

 

 洗剤類

シャンプーやリンスです。

けっこう泡立ちました。石鹸は別に用意されています。

また使いかけの写真です。

 

f:id:tomlogkun:20190316133731j:plain

 

 

無料スパ

 写真は無いですが、無料でスパもできるようです。

ホテルの名前にスパって入っていますからね。今回はできませんでしたが、無料でできるならやってみてもいいのではないかと思います。

日本語案内の紙に書いてあるので見てみてください。

どうやら電話でお願いするようですね。

 

 食事(朝食)

次に食事のことですが、僕は朝食だけ利用しました。朝食用の建物に移動します。

ホテルの入り口を出るとこんな建物が見えます。これが朝食をとる建物です。

 

f:id:tomlogkun:20190316134038p:plain

 

 

このような看板もあるので迷うことはないかと思います。

「Breakfast Room」と書かれています。

 

f:id:tomlogkun:20190316134132p:plain

 

 

朝食券はありませんので、受付スタッフに部屋番号を伝えます

 

f:id:tomlogkun:20190316134314p:plain

 

 

メニューがとても豊富なバイキング形式です。

個人的にはバナナスムージーがおすすめです。パンもおいしいのでぜひ。

いろいろありすぎて全部見ていませんが、それは行った時のお楽しみということで。

 

f:id:tomlogkun:20190316134428p:plain

 

 

食事後にはスタッフさんがテーブルを拭いてきれいにしていたので、アジア圏のそれなりの価格帯のホテルの中ではきちんとしていると思います。

非常に衛生的で楽しく食事できました

 

 注意してほしいこと

少し注意してほしいことですが、ホテル内へのドリアンは持ち込み禁止です。

ホテル中に張り紙があります。

スタッフさんに聞くと、中国人観光客がよく持ち込むことがあるそうで、

持ち込みが発覚すれば日本円で1万円近い罰金を取られます。

とにかく臭くて大変だそうです。

 

プーケットタウン行きの無料バス

無料サービスはたくさんありますが、その中でもプーケットタウン行きのバスを無料で利用できるそうなので、プーケットタウンに行きたい方には便利なサービスだと思います。要予約です。

 

 まとめ

 写真は以上です。部屋はもちろん、ホテル全体が清潔な感じでした。

それなりのお金を払っている感じがしました。

 今回、僕は一泊しかしませんでしたが、何泊もしたいと感じたホテルでした。

個人的にはすごくオススメできます。

 

パトンビーチの人ごみに疲れたときは、ホテル内のプールでのんびりするのがオススメです。特に朝方は人が少なかったので、思いっきり遊ぶにはいいと思います。

 

近くにはスーパーやナイトマーケットもあり、不便に感じることはありませんでした。

ビーチにもすぐにアクセスできる最高のロケーションだと思うので、パトンビーチ付近でホテルをお探しの方はぜひ検討してみてください。

 

ただし、全体的に道が狭いにも関わらず、車やバイクは飛ばしまくるので十分に気を付けてください。タクシーやトゥクトゥクは大量にいるので交通手段には困らないと思います。

 

これからプーケットに行く予定がある方は、ぜひ楽しんできてくださいね。

いいところですよ。

 

f:id:tomlogkun:20190321110056j:plain