Zero Position

ミニマリストになりたい物欲モンスターがお送りする雑食系ブログ。ほんといろんなこと書きます。

50年後、君は何してる

f:id:tomlogkun:20190406135811j:plain

 

たっちーです。季節の変わり目で体調崩しがちのたっちーです。

 

大事ではないけど2回言いました。

 

 

 

 

 

最近、このままではやばいなという危機感に近いものを感じています。

将来に対しての危機感です。

 

僕は、数年後には英語がそれなりに話せるようになるために計画的に勉強しています。でも、ポケトークなんてものが出てきて、日常会話は困らない時代がやってきました。

 

言語の壁は壊されてしまう時代です。

 

「じゃあ、今英語を勉強しているのは無駄なのか。」と言われるとそういうわけではありませんが、学問的に英語を楽しむ時代は終わりつつあります。

 

あと少ししたら研究室に配属になるので、その時に英語の論文を読む機会が訪れます。だから、日常会話よりも、論文を読み解くスキルが必要になるわけです。

 

「自分が勉強した英語が会話で使えて楽しい!!」

 

 

こんな時代が終わりつつあるのかと感じると悲しいです。まあ勉強は続けますが。

 

 

 

こんな感じで、AIが私たちの生活をある意味豊かにする時代がやってきました。

 

簡単な仕事はAIに取って代わられる⇒失業者が増える⇒失業者の最低限の生活を保障するためにベーシックインカムのような制度が導入される

 

ここまでくると、最低限生活できるお金はあるので、自分がしたいことをできる時間が、人生の大半を占めるようになります。

 

つまり、自分が没頭できる趣味が無ければ、無駄に時間を過ごすことになります。

「生きている意味が分からない」とかいって自殺する人が増えそうですね。

 

この時代は、最近アメリカが重視し始めているSTEAM教育のAにあたる芸術分野を伸ばすか、自分の専門分野を突き詰めるか、いろんなことができるマルチな人になるかのどれかでなければ、AIに仕事を奪われ、仕事という時間が消え去るわけです。

あー怖い時代。

ちなみに、Sはサイエンス、Tはテクノロジー、Eはエンジニアリング、Mはマセマティクスです。加わったAがアート、ですね。

 

令和時代じゃないですよ。AI時代ですよ。

 

新しい時代が来て喜ぶのはいいんですけれど、みんな知りませんからね。

やべぇ時代が来ることを。

 

大学でテキトーに勉強して、自分の専攻している分野だけしかしていない人間は使い物になりません。というか周りと同じ勉強しかしてなかったら価値のつけようがありませんからね。差がないので。

そういうやつが人口の大半を占めます。

 

別に大学で楽しそうにしている人を批判しているわけではないですけど、人生設計がただでさえ難しい時代に生きているのに、親と同じような生き方をできると思ったら大違いです。前の時代の人は参考になりません。

 

 

 ということで、大学で化学は突き詰める予定なので、芸術分野を伸ばして、さらになんでもできる人間になればいいわけです。

 

そんな単純なことではないかもしれませんが、これから訪れる時代は誰も予想できません。

 

まあいろんなことやってみましょうってことで、僕は新たに心理学と仏教思想について学ぶことにしました。

 

心理学は友達に面白いと言われたから。仏教については、僕は昔から「死」について考えを巡らせることが多かったので(暗い過去を送ったわけではありませんよ?(笑))、死とは何なのかということについて仏教における考え方でひとまず決着をつけよう(?)ということで、勉強することにしました。

哲学における死も軽く学びましたが、あんまりしっくりこないので。

 

それと、仏教思想を学んだ友達が、「自分は自分。周りと比べることが無くなった。刹那がなんちゃらかんちゃら~~~」って言ってたので、興味を抱きました。

 

ひとまず、それらに手を出して、並行で法律、金融、統計、データサイエンス、会計、FX、投資、、、、、

勉強してみたいことがたくさんあります。

それらの勉強の熱が冷めないうちにまずは本を読んで少しずつ学んでいきたいと思います。

 

 

 

いろいろ言いましたけど、人生楽しんだもん勝ち。

「さっき言ってたことと矛盾するじゃねーか」と思うかもしれませんが、備えて楽しむのです。違うな。

 

備えることも楽しむのです。

 

 

100歳まで生きるぜ!!