Zero Position

ミニマリストになりたい物欲モンスターがお送りする雑食系ブログ。ほんといろんなこと書きます。

何事も「エッセンシャル思考」で行こう。

 f:id:tomlogkun:20190410150600j:plain

 

こんにちは。

内容と全く関係ない写真を使うのはいかがなものかと思いながら記事を書いているたっちーです。

 

 

 

今日は最近読んで感激した本を紹介します。

 

「エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする」という本です。

 

 

突然ですが、皆さんは「エッセンシャル思考」できていますか?

 

ナニソレって感じでしょうが、これができるようになれば物事がスムースに進んでいきます。

 

ぜひとも知ってほしいエッセンシャル思考の考え方、見ていきましょう。

 

  

エッセンシャル思考とは

 

この本の著者、グレッグ・マキューン氏はこう述べています。

 

エッセンシャル思考とは、まさに「より少なく、しかしより良く」を追求する生き方だ。

 

「今、自分は正しいことに力を注いでいるか?」と絶えず問いつづけるのが、エッセンシャル思考の生き方である。

出典元:エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする

 

さらにエッセンシャル思考になるためには、3つの思い込みを克服しなければならないと述べています。

 

「やらなくては」「どれも大事」「全部できる」

出典:エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする

 

こんな風に考えていませんか?

こんな考え方をしているあなたは、いつも何かに追われていて、時間が無くて、嘆いていることでしょう。

 

 「やらなくては」ではなくて、やると決める

「どれも大事」ではなく、「大事なものは滅多にない」

「全部できる」ではなくて、「全部できるが、全部はやらない」

 

この考え方を著者はエッセンシャル思考と呼んでいます

 

 

「ノー」が言えるか言えないか

知り合いで必ず一人はいるイエスマン、イエスウーマン。

日本人は、「ノー」が言えない人種だと言われるほど、きっぱりと断れない人が多いです。

 

「ノー」をきっぱりと言うことは、エッセシャル思考では非常に大切です。

 

人によっては、きっぱりと「ノー」を言ことは難しいと思っているかもしれません。

断ることで、立場を悪くしかねませんし、けっこう勇気がいることです。

 

しかし、断らないことで、やりたくもないことで時間を取られ、大切なものを失いかねません。

 

「絶対にやらなければならないこと以外は、きちんと断る。」

 

これは、僕が日常生活で非常に大切にしていることです。

 

世の中ノイズだらけ

 万物のほとんどは価値がなく、ほとんど成果を生まない。

少数のものだけが非常に役立ち、大きな影響力を持つ。

                リチャード・コッチ

出典:エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする

 

リチャード氏の言葉から分かるように、そこらへんに転がっている大半の物は価値を生みません。

 

だからこそ、何が価値のあるものなのか、しっかりと見極める必要があります。

 

全部やっても、価値を生むのは、その中のいくつかだけ。

 

努力の量が成果に比例するとは限らないのです。

 

物事のエッセンスをピックアップし、それに力を注ぐ。

 

これ、できてると思っていても案外できていないもの。

なぜなら、どれが自分にとって必要なことなのか、見えていない人が多いからです。

 

必要なことをピックアップするためには、多くの時間吟味する必要があります。

 

自分の基準と見比べて、基準に達していないと思うものには、全て「ノー」と言いましょう。

 

途中でやめることができない!

「サンクコストバイアス」というワードを聞いたことがある人はいるかもしれません。

 

これは、すでにお金や時間を払ってしまったという理由で、損をすると分かっているのに、それに手を出し続ける心理的傾向のことをいいます。

 

これによって、お金や時間を投資すればするほどこの悪循環から抜け出すことが難しくなるのです。

 

面白いと思って借りてきた映画が面白くなくても、最後まで見続けてしまう。借りてきたんだから、最後まで観ないともったいない。

 

これがいい例です。面白くないのなら、それは切り捨てて、他の価値があることをやりましょう。

 

 

線引きはとてもエッセンシャル思考的

付き合うのが面倒くさい人。

 

必ず、あなたの周りにもいるでしょう。

 

そんな人とは縁を切っちゃいましょう。自分が無駄に時間を使うだけです。

 

しかし、近所の人だったり、仕事仲間だったりと、どうやっても付き合いをやめられない人もいるでしょう。

 

その場合は、お互いが嫌な思いをしないように「契約」を結びましょう。

私はこれが嫌。これはしない。などなど

 

前もって取り決めをしておくことで、相手が嫌がることは未然に防ぐことができます。

 

僕の体験で、付き合うのがめんどくさい、僕があまり好きではない友達がいました。でも、同じ学科の友達で、毎日のように顔を合わせます。

 

そこで、この人といろいろなことに関して「契約」をしました。こんなことはされたら嫌だとか、これは大丈夫とか、これは改善してねなどなど。

 

この契約によって、お互い嫌な思いをすることなく生活できています。

 

線引きに関しては、以前僕が書いた記事を参考にしてください。

 

www.tomotaka.site

 

これで、自分の生活が一気に楽になります。

僕にエッセンシャル思考を促してくれる言葉たち

エッセンシャル思考しようと考えていても、生活していたらエッセンシャル思考のえの字も消えてしまっていることがあります。

 

そんなときに活用したいのがトラベラーズノート。

僕は、読んだ本で、自分が意識したいところや重要だったと感じたセンテンスにはハイライトしています。

 

そのハイライトをまとめたものをプリントアウトしてトラベラーズノートに貼り付けています。

 

これを隙間時間に読むことで、常にエッセンシャル思考できるようにしています。

 

この本を読んで自分がいいなと思った言葉を一部だけ紹介して終わりたいと思います。

 

「今、自分は正しいことに力を注いでいるか?」

 

「イエスと言うことに慣れすぎて思考停止していないか?」

 

「教えてください、あなたは何をするのですか?その激しくかけがえのない一度きりの人生の中で。」  メアリー・オリバー

 

今日も読んでくれてありがとうございました。

この記事ではほんの少ししか紹介できていないのと、文章力が無くて伝えたいことが書けていないので、興味を持った方は、ぜひ読んでみてください。

 

読んで行動すれば、あなたは変われます。